キャッシングの即日融資について

大手のキャッシング会社を利用するのなら、ほとんどは即日に融資をしてもらうことが可能です。

営業時間内に申し込みをすることが出来るのなら、申し込みをしてから遅くても1時間後には借り入れをすることが出来るようになります。

一番早いのは窓口や自動契約機で申し込みをするのがオススメですが、インターネットから申し込みをしても運が良ければ即日で借り入れをすることも可能です。

注意点としては、「収入証明書類が用意してあるか?」という点になります。

即日融資のキャッシングを申し込む際に、必要書類として本人確認書類と収入証明書類の提出が求められることがあります。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどになるので、日頃から持ち歩いている人のほうが多いと思われますが、収入証明書類となると自宅に置いてあったり、中には既に捨ててしまったりと手元に持っていないという人も多くなりますので、収入証明書類を持っているかどうかという部分がポイントになります。

また、もう1つの注意点としては1社のキャッシング会社で審査を通過することが出来なかったらその日は諦めて下さい。

連続で複数のキャッシング会社に申し込みを行うと「申し込みブラック」という短期のブラックリストに情報が掲載されることがあります。 こうなってしまうと、3ヶ月~6ヶ月ぐらいの間は審査を申し込んでも通過することが出来なくなってしまいますので、初めの1社で申し込みをしても審査が通過できなかった時は別の金策をしたほうが良いということになります。



▼キャッシングの審査やスマホ申込み、ATM返済方法

大手の消費者金融のキャッシング会社を利用しようと考えている人の多くが不安を感じているのは、「申し込みの手段」と「自分は借り入れが出来るのだろうか?」という2つだと思われます。

そこで今回はキャッシングの審査と申込の方法について重点的に紹介していきます。

まずは申し込みの方法についてですが、これは主に3つのパターンに分かれています。

・有人の店舗窓口で申し込みを行う
・自動契約機で申し込みを行う
・インターネットを活用して申し込みを行う

このどれかに該当することが多くなっていて、この中でも近年ではインターネットを活用して申し込みをする人が多くなっています。



▼スマホなどインターネットを利用して申し込みをすることの利点について

スマホなどからのインターネットでの申し込みの利点としては「自分の空いている時間に合わせて申し込みができる」ということが挙げられます。

店頭窓口で申し込みをするケースでは、そもそも有人の店舗窓口が少なすぎるために困難になっています。

そして無人店舗型の自動契約機の場合は営業時間が限られているので、審査をする時間が取れずに利用できないという方が多いです。 また、これらの自動契約機は店舗の中に設置されていることが多いので、「キャッシング会社を利用しようとしているところを誰かに見られたくない」という方も多いために利用者が少なくなっているという状況です。

そこでインターネットでの申込の場合は、誰にも知られずに申し込みをすることが出来て、審査についてもこちらが空いている時間帯に携帯電話などの通話によって審査をしてもらえるので、実際に店舗に赴くのは即日にキャッシングをするのに必要なカードを受け取りに行くだけとなるので5分もあれば完了するということになります。

中でも、自分の空いている時間に、場所を問わずに申し込みから審査までを完了することができるので、近年ではインターネットを活用して申し込みをする人が増えているということになります。

また、大手のキャッシング会社の中には、審査も行わずに必要書類の提出だけで即日にキャッシングをすることが出来るプランが用意されているところもあります。 このようなプランは限度額が低く設定されていることが特徴的ですが、危急時の対応をすることが可能な金額程度は借り入れることが出来ますので、このような方法で即日融資でキャッシングをする人が増えてきています。



▼キャッシングの審査について

キャッシングの審査で重要なのは「借り入れをした金額を返済するだけの能力を持っているのか?」ということを見られることになります。

そこで大切なのは「社会的なステータスをどの程度持っているのか?」ということが重要になります。

社会的なステータスというと、
・家や車などの資産
・どの規模の企業に勤めていて、どんな肩書なのか?
・年収はどの程度で賞与は貰っているのか?
・持ち家なのか借家なのか?

ざっと項目を挙げると、このようなものになります。

特に即日のキャッシングの審査で重要なのは、「年収」と「企業の属性」となっていて、年収が高ければ高いほど、そして所属している企業のランクが高ければ高いほど審査に通過しやすいということになります。

また、その企業に勤め始めてから、どれくらいの期間が経過しているのかということも審査項目の一つとなります。 これは、勤めている期間が長ければ長いほど退職するというリスクが軽減されるために、返済能力を有しているという判断が出来るためです。

そして、年収と企業の属性については密接な関係がありますが、例えばアルバイトで年収500万円の人と、公務員で年収が300万円の人が居たとすると、後者のステータスを持っている人のほうが審査に通過しやすいということになります。

これは、アルバイトはすぐに辞めさせられてしまう危険性があるが、公務員の場合は減給になることはあっても、退職をするケースはほとんど発生しないためです。

キャッシング会社は、利用者に現金を貸し出すのが仕事となっていますが、近年では法改正が行われ、厳格な審査の下にしか貸出をすることが出来なくなったので、数年前に比べて審査が厳しくなっている面もあります。

そのため、キャッシング会社を利用するのは「お金に困っている人」となっていますが、本当に困っている人には貸し出すことが難しくなっているというのが現状となります。



・キャッシングの審査ではどのようなことを聞かれるのだろうか?

キャッシングの審査は、口頭で行われます。 自動契約機で申し込みをしてもオペレーターと通話することによって審査が開始します。

そして、その審査で聞かれることのほとんどは申込用紙に記入した内容が本当に合っているのかという確認になっていて、氏名や年齢、住所や家族構成、勤務先や肩書などになっていて、本当に本人なのかということを確認するために、突飛な質問をしてくることもあります。

例えば年齢を確認するために、西暦での生年月日と元号での生年月日を答えてくれという質問や、本当に記載した会社に勤めているのかを確認するために、電車通勤なら最寄り駅からどのようにして通勤しているのかということも聞かれます。

その他にも、会社の近くにあるコンビニの名前なども聞かれることになっていて、本当に勤めているのならスラスラと答えられるような質問ですが、何らかの嘘や誤魔化しがあると言い淀んでしまうことになるので、この辺りで審査官が判断するということになります。

そして審査の最後には勤務先に在籍確認の電話を行います。 これは申込者が本当に記入した企業に所属しているのかという確認になっていて、個人名で問い合わせの電話をします。

希望があれば、保険の勧誘を装ってとか、投資商品の紹介を装ってというような要望を出すことができるので、勤務先にバレる可能性というのは極めて低くなっています。

ただし、勤務先に外部から電話がこないような業務をしている場合はバレル可能性もありますので、会社の人に知られたくないという方の場合は十分に注意しなければいけません。 それらの旨も審査をしてくれている人に伝えることで上手く対処してくれる事が多いので、気になることはどんな小さなことでも相談することが大切です。

カードローンの即日融資や審査については以下をご覧ください。
ご融資をお急ぎの方 - アイフル